2008年07月21日

病室を整える


くふうして気持ちのよい部屋にしましょう


病室は病人にとって

ただ療養している場だけでなく

生活の場でもあります。


洗面や食事はもちろん

医師の往診を受けたり

みまい客に接したり

ときには家族とのだんらんの場になることもあるでしょう。


そのためには

独立した病室が理想的ですが

現代のような住宅状況ではそうもいってはいられません。


しかし

くふうしだいで気持ちのよい病室は作れるものです。


たとえば

カーテンやついたて

家具などをじょうずに使い

間仕切りに利用すれば

独立した空間も作りだすことができるでしょう。



〈ホームメディカル-家庭医学大百科- より〉



介護費用負担増対策 ⇒ 「生きる」を創る。

posted by homemedical at 18:17 | TrackBack(0) | 家庭看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。