2008年06月06日

長期の看護には家族が協力

長期にわたる病人を抱えると

看護人の健康と精神の安定が問題となります。


特に主婦が看護にあたる場合

家事や子供の世話も重なり

心身のバランスがとりにくくなります。


そんなときは家事の分担などを家族で話し合い

主婦だけに無理な負担がかからないようにしたいものです。


また

病人自身も

できる身の回りのことは自分でやろうとすることがだいじで

その意志は病気の回復をも早めます。



〈ホームメディカル-家庭医学大百科- より〉



医療費用負担増対策 ⇒ 契約件数No.1
posted by homemedical at 16:43 | TrackBack(0) | 家庭看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。